脱毛の方法はいろいろあります

脱毛は、自宅で自分で処理したり、サロンやクリニックで治療を受ける方法があります。

自宅ではカミソリで剃ったり、ワックスを塗って乾いたら剥がすのが一般的ですが、この方法だと脱毛の処理をする周期が短いので、長期間処理をしなくても良い方法があります。医療機関で出来る治療が、レーザー治療とニードル治療です。レーザー脱毛は、黒色や茶色に吸収される波長のレーザーを皮膚に照射し、毛根にダメージを与えることで脱毛します。

医療機関によって高精度の機械が備えられています。ニードル治療は針脱毛ともいわれ、毛穴に絶縁針を刺し電流と高周波熱で処置をする医療行為です。1800年代にアメリカで逆さまつげの治療方として誕生しました。レーザー治療では対応出来ない産毛や日焼けした肌、メラニン色素の濃いアザやホクロにも処置できることや、アトピー皮膚炎の人も処置できます。但しレーザー治療のように一度に広範囲の処置は無理で、治療に時間もかかりますが、眉毛など細かい部分には適しているといえます。

サロンでの治療は、医療機関で認められているレーザーの量よりも低い量のもので処置することになっています。このため広い範囲を対象とすることが出来、時間も短くなります。値段はクリニックに比べ安いことと、キャンペーンなどで割引サービスもあるのがメリットともいえます。治療に際しての痛みは針治療が大きく、サロンが一番小さいといえるようです。良いサロンを選ぶことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *